ライトノベリスト、ヘビーノベリスト

二次創作とSSを書くブログだったんですが最近は……。ライトノベルを読む!読むの遅いのなんとかしたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

魔法使いの夜の橙子さん

Fatezeroもネタバレ注意。
橙子さんの前にzeroの話をしたかっただけなんですが。






いや切嗣さん絶好調ですね。外道すぎるw
そして重い。この重さは虚淵にしか出せないと思います。きのこ作品にはない重さ。

セイバーの理想論か切嗣の合理性か。なんかどっちの言ってることもわかるっていうのが見てる方の辛さですね。

セイバーは味方ランサーしかいないようなものだった。

聖杯問答でもフルボッコされてましたし……

とことん今回は孤立してますね。。。士郎がいればなぁ。。本当に見せ場ないですね。
まああったらSNが意味なくなっちゃうのでなんとも言えないんですが。

そしてランサーの自害。なんか、あっけないのがリアルですね。どんどん退場。
ランサーは自害する運命にあるのか。。どうせならマーボーを死ぬ前に倒しておけばw

またzero読み返したくなってきたけどそれより魔法使いの夜の二週目の方が欲求が強い。なんか幸せな悩みだ。






さて、型月作品によく出てくる橙子さんですが主に空の境界に出てますね。

月姫とFateではちょこっと話に出てくるだけでした。ニヤニヤ要素ですね。



でも個人的に思うのはコルネリウス・アルバ戦よりも久遠寺有珠戦の方が断然強い気がします。
使い魔も強いし。


んー、空の境界の時は本気出してなかった!?w

あ、そういえば空の境界ですけど、橙子さんが乗ってる車が原作と映画だと違うんですよね。読み返して気が付きました。乗ってるのは浅上藤乃戦を迎えに行く時だったか。

映画だとアストンマーチンのDB7なんですけど原作だとバギーになっているのです。

ちなみにzeroに出てくるのはメルセデスベンツの300SLクーペみたいです。



あと矛盾に思ったことをひとつ言うと空の境界では橙子さんが「箒があれば飛べる」みたいなこと言ってましたが、まほよだと箒があっても飛べないみたいなことを言っていた気がします。


「ね、ねよう」
 誰にでもなく、スノォォマンは呟いた。


 





スポンサーサイト
TYPE-MOON雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<近況 | ホーム | まほよの感覚は字幕映画に近い>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。