ライトノベリスト、ヘビーノベリスト

二次創作とSSを書くブログだったんですが最近は……。ライトノベルを読む!読むの遅いのなんとかしたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

涼宮ハルヒの驚愕 感想

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
(2011/05/25)
谷川 流

商品詳細を見る

涼宮ハルヒの驚愕読み終わりましたー。相変わらず涼宮が一発変換できません。


まとめてアーマーゾーンっ♪(なんだこの謎テンションw)




長門が寝込んでいるだと? 原因は宇宙人別バージョンの女らしいが、どうやらSOS団もどきのあの連中は俺に敵認定されたいらしい。やれやれ、勘違いされているようだが、俺もいい加減頭に来ているんだぜ?

ハルヒによるSOS団入団試験を突破する一年生がいたとは驚きだが、雑用係を押しつける相手ができたのは喜ばしいことこの上ないね。なのに、あの出会い以来、佐々木が現れないことが妙にひっかるのはなぜなんだ?

前と後をどっちも読んだのでまとめて感想を書きます。


長門が寝込んでいるだと?


長門が寝込んでいるだと?


長門が寝込んでいるだと?

大事なことなので(ryww


何年待ったんでしたっけ。4年ですか
待ったなぁ……


しかしながら、ちゃんとまとまってました。話も順調に進んでいて良かったと思います。

ただ……。やっぱり読みにくい。テンポが…。

というのも、αとβに分かれていますが(ギリシャ語どうしよう…はいいとしてw)どっちがαでどっちがβだったか混乱するんですよね。アホなので。
なので、αだけガーっと書いてしまうかβだけガーっと書いて欲しかった。これは無理な相談だけど講談社ボックスの二段構成で上がαで下がβとかやれば面白かったかも?w


そしてまさかの新キャラが(またかとか思ってはいけないw)登場して(でもこのタイミングで登場するとは思っていなかった)活躍するとは思いもしませんでした。

とにかく4年間頑張った感じが漂ってくる、しっかりとした出来になっていて満足できました。

あえて注文を付けるなら



長門をもっとだな(ry

ではなく


藤原の台詞がなんか厨二っぽかったのでもうすこし何とかならなかったのかなぁと。設定上しょうがないことではありますが。


あと周防は美人設定になってるけど(ry

あとクライマックスの展開はちょっと安っぽく感じてしまったというのがあります


なんか期待が大きいせいで文句が多く見えますが全体で言えばかなり満足。


なんかこう、いろんなキャラがもう少しデレてくれてもいいんじゃないかと思うんですが、それはラノベの読み過ぎというやつで、ハルヒはこういう作風だったなぁと思いだしました。


というわけで82点!




さて次回は何年後になるんだろうか…。当時の読者がみんなティーンエイジャーじゃなくなるんじゃないだろうかということを思いつつ応援していきたいですね。
スポンサーサイト
ライトノベル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まったく、小学生は最高だぜ! | ホーム | も、もうセリフがないw>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。