ライトノベリスト、ヘビーノベリスト

二次創作とSSを書くブログだったんですが最近は……。ライトノベルを読む!読むの遅いのなんとかしたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

神様のメモ帳〈6〉 感想

神様のメモ帳〈6〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈6〉 (電撃文庫)
(2011/02/10)
杉井 光

商品詳細を見る

神様のメモ帳〈6〉読み終えましたー。


以下アーマーゾーン

高校の文化祭が押し迫る晩秋、ラーメンはなまるにやってきたのは、チャイナマフィアの後継者兄妹。なんとミンさんの親戚だという。ミン父・花田勝の引き起こした事件をきっかけに、なぜか持ち上がるミンさんの縁談。それに憤然と立ち上がったのは、ヒロさんだった。「おれからの依頼。この婚約、ぶっ壊してくれ」ヒモのくせして、ついにミンさんに本気!二転三転の結婚騒動を描いた「電撃文庫MAGAZINE」掲載作に、ヒロさんの師匠初登場の書き下ろし短編『ジゴロ先生、最後の授業』を加えた、大ボリュームのニートティーン・ストーリー第6弾。







はい、素晴らしい(完)






ではレビューになりませんので感想をちょこちょこ書きます


まずはアニメ化おめでとうございます! もうアリスがテレビで動くと思うと期待が膨らむばかりですね

コミック版めっさ欲しいw


アリスって、、

若干目をそらしているというか、笑顔を見せないところがなんかいいですね。
安っぽくない感じがします。

そして表紙の足を前後させてる感じがなんとも……このへんにしておこうw


今回の話題の中心は一見するとミンさんです(読めば考えは変わるかも)

ミンさんはニートたちが集まるラーメンはなまるの経営者です。アリスの探偵事務所の下にあります。


彼女がチャイナマフィアと結婚させられそうになってうんたらかんたらというお話。


番外編というか単行本書き下ろしはジゴロの師匠がやってくる話。

どっちも面白いです。良くまとまっているのはジゴロ先生の方だと思います。
というのも、ジゴロ先生の方が短編なので展開がコロコロと進んで読者を飽きさせないのです。


神メモシリーズ全般に言えることかもしれませんが、事件が動き出すまでは冗長的な印象があったりしないこともないです。

でもその分しっかり伏線張って、鮮やかに回収していくので、構成として問題はないと思います。



そして、アリスが時折見せるデレが、なんか、……いい!!






んだけどw

なんかテンプレートというかラノベお決まりのデレ方なのがちょっとなぁ…という印象も。

そこらへん工夫して欲しかったり




アリスアリスとアリス至上主義なレビューになってますがw

おもしろす!

4巻まではいかないけど十分読者の期待に応えているのではないかと思えます


というわけで84点!
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

ライトノベル | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<中二小説書くわ!w | ホーム | かんけん!>>

コメント

俺の英語より良い点数!
2011-03-04 Fri 19:19 | URL | おみるー [ 編集 ]
この採点基準ある意味赤点が80点未満なんで平均が高くなるのは仕方がないw
2011-03-05 Sat 00:38 | URL | スノォォマン [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。